工場の直接雇用の求人を探す際に注意するべきポイントは?

雇用保険についての記載を確認

工場の求人広告は工場自体が直接出しているケースと、工場内にある下請け会社が出しているケースの二種類あります。後者の場合、具体的にどの会社の工場で働くのかはぼかされており、面接に行った時点でわかるということも少なくありません。一方、工場が直接求人を出しているケースだと、どこで働くのかすぐにわかるのでそういった点では応募しやすいといえるでしょう。 では、工場が直接出している形での求人を探す場合、どういった点に注意すればいいのでしょうか。まず、雇用保険についての記載の有無を確認しましょう。もし、記載されている場合は、給料から掛け金が天引きされることになります。ただ、仕事をやめたあとは保険金を受け取れるので、その点は有利です。

下請け業者が同時に求人を出している場合は必ず比較

工場でどのような仕事をするのか確認することも大事です。大きな工場の場合、工場を運営している会社と下請け会社が同じタイミングで求人を出すこともあります。しかし、こういったケースではどちらに応募しても働く場所や仕事の内容が同じとは限りません。もしかしたら、下請け会社が出している求人の方が条件がいいということもあり得るので、比較するのは大事です。 下請け会社の求人広告に工場の具体名が出ていない場合は、下請け会社の連絡先を確認してみましょう。たいていの場合、工場と一緒になので、ネットで住所を検索すればどこの工場なのかわかるはずです。工場で働くとなった場合、なにがしかの特典があるかもしれないので、それもチェックしましょう。よくあるのが工場内で作られている製品を社員割引と同等の値段で購入できるというものです。